ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

第5回大門玉手箱INなら座(一泊一箱古本市) 開催御礼

「泊まり込みで一箱古本市をやろう!」という無謀とも思える試みは
好評(と言ってしまう)のうちに無事終了することが出来ました。

沢山の素敵なホンやモノを箱に詰めてきて下さった箱主のみなさま。
快く会場に使わせてくださった、町屋ゲストハウスならまち様。
そしてなにより、ならまちのはずれまで足を運んでくださったお客様たち。
また、素晴らしい手作り楽器と唄のパフォーマンスで楽しませてくださった、Nekoya様。
ご協力くださいました、田舎・出張料理うと・うと様や鯛焼こたろう様(アンコ部門・パン部門)
ほんとうにありがとうございました。

昨日は「一泊一箱古本市」ですので、いつもより遅くまで店開きをしていました。
そのせいでしょうか、お勤め帰りに立ち寄ってくださったり…と、いつもと違う嬉しさもありました。
会場の扉が開くと、お客様と夜気が一緒に入って来る感覚がとても新鮮でした。

もちろん、いつものように本を介しての数々の素敵な出会いも沢山あり、
その場に立ち会える喜びを味あわせていただきました。

今回は、京都や神戸、愛媛に長野に東京…とさまざまな場所から
参加して下さった箱主さまも多く、
他地域の「一箱古本市」情報を教えていただき、とても勉強になりました。

つたなくあまり進歩の見られない主催者ですが、
それでも少しでも良いものにすべく、工夫を重ねる努力は怠らずにいようと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたます。

大番頭は地元奈良在住ではありますが、
今回はじめて奈良のゲストハウスに泊まらせていただきました。
ドミトリーの快適なことといったら。
ベッド毎の独立性に気を配っておられるし、
寝具も具合のよいこと!
睡眠時間は足りないのに幸せな朝を迎えることができました。

夜、時間を忘れて、おしゃべりに興じる楽しさは
「修学旅行」のワクワクを思い出しました。
帰る心配のない夜遊びは幸せそのものでした。

いつかまた、第x回大門玉手箱INなら座(第2回一泊一箱古本市)を
開催したいと決意しております!
その時は遠い方も近い方も是非ともどうぞよろしくお願いいたします。

by 大番頭
[PR]
by tamatebako-box | 2010-12-05 22:01 | 開催御礼 | Comments(0)
<< 第6回大門玉手箱 開催します 「一泊一箱古本市 IN なら座... >>