ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

『第1回 京終玉手箱』『第32回 大門玉手箱』開催御礼

ふたつの箱のふたが開きました。
それぞれ集まった人たちが、いろんな色のケムリを出してくださいました。
そのケムリをかぶった人たちは、
たぶんまたどこかで玉手箱をもって、
どこかの街で開いてくださるような気がします。

『第1回 京終玉手箱』『第32回 大門玉手箱』にお運びくださいました皆様、
本当にありがとうございます。

『京終玉手箱』は快晴の「ふるほん市日和」となり、大盛況でした。
地元の人、遠くの人、たくさんのかたが楽しんでくださいました。
なかでもうれしかったのは、地元のお子さん連れ、そしてお年寄りが、
楽しんでくださる場所になったことでした。
老若男女が安心して楽しめる市座であることが、
玉手箱のいいところといわれたいものです。

『大門玉手箱』はいつものとおり、のんびり開催でした。
時折、お客さんが途切れることもありましたが、
そんなときも、箱主さんの笑顔が途切れることはありませんでした。
外国の方も、絵葉書を片手に笑顔を残していかれました。

こうして小さな神社で小さなお祭りができること、
本当にしあわせに感じます。
無理せずに、細く長くつづけていけたらと思った一日でした。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて次回は、
『第2回 京終玉手箱』は、2014年6月1日(日)
『第33回 大門玉手箱』は、2014年5月31日(土)です。
どちらもお申し込みいただけます。
お申し込みの要領は、第32回大門玉手箱をご参照ください。









[PR]
by tamatebako-box | 2014-04-14 03:27 | 開催御礼 | Comments(0)
<< 『第33回 大門玉手箱』箱主さ... 『二名玉手箱』ありがとうござい... >>