ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

手を挙げて下さった「箱主」さん

「木の茶の間 輪(りん)」さん
「読未知」さん
「ぼちぼち堂」

小さなホテル「奈良倶楽部」さん
「すながわ」さん
「地球小屋tipi」さん
貸本喫茶「ちょうちょぼっこ」さん(箱だけ参加)
「カフェリノワ」さん
「プティカフェ」さん(お菓子)
「徒然舎」さん
「ひねもす」さん
「このはな文庫」さん(箱だけ参加)

たくさんの方が手を挙げてくださいました。ありがとうございます。
まだまだ募集を続けていきたいので、お友達にご紹介くさいませ!
後ほどご連絡しますので、自己紹介をお願いしますね!


もしお聞きしていて漏れている方がいらっいましたら、
「ぼちぼち堂」にお叱りコメントくださいませ。


「ぼちぼち堂」でした。
[PR]
by tamatebako-box | 2009-07-14 21:57 | 大門玉手箱って? | Comments(13)
Commented by konohana-bunko at 2009-07-15 11:17
ぼちぼち堂さま わたしも、箱だけ参加でお願いできればと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 
Commented by tamatebako-box at 2009-07-15 22:05
このはなさん!失礼致しました。
早くから参加表明してくださっていたのに・・・。
楽しみに待っております。
このはなさんのお店も見てみたいです。
では後ほどお知らせいたしますね。
ぼちぼち堂でした。
Commented by konohana-bunko at 2009-07-17 09:25
ぼちぼち堂さま 仲間に入れて下さりありがとうございます(^^)
「一箱古本市」のイベントですので、ナンダロウアヤシゲさんにひとこと、ご挨拶しては……と思うのですが、如何でしょう?
Commented by bochibochi35 at 2009-07-18 22:46
このはなさん!ご参加ありがとうございます!
ナンダロウさん、お知り合いですか?
ぼくは、まったく面識がないのでお話しするのもどうかと思うのですが・・・。急に相談といわれてもご迷惑かと思います。
もしよろしければ、このはなさんからそれとなくお話くださいませ。
あまりに有名人のお話が出てくると、びびってしまう「ぼちぼち堂」でした。
Commented by konohana-bunko at 2009-07-20 09:16
わたしもお名前しか存じ上げないのですが、以前「『一箱古本市』の名前を使うのなら、ひとことご連絡下さいね」とブログに書いていらした記憶がありましたので……。では、わたしの方からナンダロウさんのブログにちょこっと書き込みさせていただきます。
Commented by bochibochi35 at 2009-07-25 11:07
このはなさん!すっかり返信遅くなりました。
なるほど、そういうわけだったのですね。
もしよろしければ、ナンダロウさんにお伝えいただけますか?
よろしくお願いいたします。
Commented by konohana-bunko at 2009-07-27 08:30
ぼちぼち堂さま、みなさま

7月20日、ナンダロウアヤシゲさんに今回のイベントのことについてメールをいたしました。
昨日、下記のお返事いただきましたのでみなさまにご報告いたします。

(以下引用)

十場幸子さま

はじめまして
お返事が遅れてすみません

一箱古本市の奈良での開催、了解しました
イベントのチラシやサイトなどで、一箱古本市について説明される
さいに、2005年から東京の谷中・根津・千駄木でスタートした
「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にした、と入れていただけ
れば結構です
また、開催後レポートや写真などを送っていただければ、今後の参考に
させていただきます
どうぞよろしくお願い申し上げます

(引用おわり)
Commented by 徒然舎 at 2009-07-27 15:16 x
はじめまして、こんにちは。徒然舎です。
このたびは、ちょっと離れた岐阜からではありますが、ぜひイベントに参加させていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、気づけばイベント予定日までひと月ちょっととなっていますが、状況はいかがでしょうか。気軽にお話をお伺いできる距離になくて、もぞもぞしています。
昨日までの3日間、商店街のふつうの夏祭りに古本販売で参加してきたのですが、天候、宣伝不足、客層の違いなど、いろいろな面で厳しさを感じました。
そのせいもあり、このイベントは成功させたい、そのためにはなるべく時間をかけて、いろいろとがんばらなくてはいけないのではないか、という思いが強くなっています。
また、その古本販売でご一緒した他の店主さんたちも、このイベントに大変興味を持ってくださっていました。古都・奈良、古い市場、本に優しい屋内!等々、魅力的なポイントの多いイベントだと思います。
物理的距離はありますが、いつも大門玉手箱のことは気にかけています。やれる限りのことはやりたいと思っていますので、がんばって成功させましょう!
Commented by 徒然舎(つづき) at 2009-07-27 15:16 x
―ということもあり、個人的には、来月末の開催は厳しいのではないか、あくまでプレイベント扱いにしてはどうか(参加店主さんたちの会合的な意味合いのある)、と思い始めています。
また「一箱古本市」というイベントの趣旨からすると、普段は古本に関わっていない一般の方の参加を広く募ることが前提のような気もしますし…でもそんな時間はもうない気がしますし……
そのあたりも含め、いかがでしょうか。
皆さんお忙しいこととは思いますが、開催の有無も含め、そろそろ詰めていきませんか?
Commented by ぼちぼち堂 at 2009-07-28 11:58 x
徒然舎さん!連絡遅くなりました。先ほどご案内メールを送ったのですが、なんとか開催したいと思っています。徒然舎さんの言われるように、プレイベント的なものとしてでもいいと思いますので、開催しましょう。まずはやってみることを大切に考えたいと思っております。
とはいいながら、ぼくの個人的理由で、こうして開催準備がおくれて申し訳ありません。急に夜勤に変わり、時間的にも体力的にもちょと余裕が持てませんでした。後1ヶ月がんばって開催したいと思います。アイデアお貸しくださいね。
Commented by bochibochi35 at 2009-07-29 09:43
このはなさん!お返事遅れた上、返信漏れでした。
失礼致しました。いろいろとご配慮ありがとうございます。
「一箱古本市」の件、了解いたしました。
チラシは作る予定はないのですが、どんな宣伝方法が良いでしょうか?
もっともっと宣伝もしたかったのですが、知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。
このはなさんのアイデアも聞かせてくださいね。
まずは自己紹介をお願いいたします。

Commented by すながわ at 2009-07-29 21:45 x
自己紹介、また近々させていただくとして(すみません~)、とりいそぎ。
宣伝のこと。隔週あるいは毎週発行のものは告知間に合うかもと思うので、ファクスかメールか、日時だけでもお知らせしてみたら。各日刊紙、テレビもあります。
月刊や季刊にしても、この「一箱古本市」は、市場の宣伝のひとつとして位置づけているのですから、事後掲載でも全然いいんじゃないかなって思います。こうした試みに興味を持ってくれそうなメディアに、とりあえずお声をかけてみたらどうでしょう。印刷媒体の人は、たいてい印刷物好きですし(笑)。
その際、できれば「次回の開催予定あります」とお伝えできたら、なおナイス。あとは古本屋さんや本のあるカフェなどにフライヤーを置いてもらうというのが常套手段やとは思うのですが。でも、一切告知らしいことせず、どれくらい人が来るか(来ないか)というのも、ちょっと見てみたい、、、。
ウェブでも奈良のイベントなど載せていらっしゃるところ、いくつかあると思いまーす。
Commented by りんまる at 2009-07-31 12:22 x
すながわサマ
コメントありがとうございます。
某所にて2,3度お目にかかったことのある「りんまる」です。
(まともなごあいさつしてないのでご存じないはずです。
 思わせぶりでスミマセン!)

>こうした試みに興味を持ってくれそうなメディアに、とりあえずお声をかけてみたらどうでしょう。印刷媒体の人は、たいてい印刷物好きですし(笑)。

素晴らしい具体的なアドバイスありがとうございます。

>一切告知らしいことせず、どれくらい人が来るか(来ないか)というのも、ちょっと見てみたい、、、。
関わっているひとたちの純クチコミ力を試す夏!って感じでしょうか。
確かにそれは…見てみたい!

>ウェブでも奈良のイベントなど載せていらっしゃるところ、いくつかあると思いまーす。

箱主、周辺のひとのブログ告知。
ローカルマスコミ・ミニコミへの広報。
動けるだけ、動いてみます…(出来る範囲で)。

本当にありがとうございます。
自己紹介も首を長くしてお待ちしておりまする~。
<< □木の茶の間 輪(きのちゃのま... 突然アンケート! >>