ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「一泊一箱古本市 IN なら座」 (第5回 大門玉手箱)

2010.11.30現在の情報です。
(箱主さまがほぼ固まりました)

2010年12月4日(土) 12時頃~19時頃
町屋ゲストハウスならまち 囲炉裏ハウス「なら座」


今回は遠方からの出箱者の方々が…、四国、東京、長野から!
そして、もちろん生まれてはじめて「一箱古本市」なるものに
参加される方もいらっしゃいます。

おやき、クッキー、布小物、甘いもの、珈琲、オリジナルポストカード、天然木小物など。
古本、古雑誌以外も充実しています。

最近評判の「ゲストハウス」に地元の人が訪れるチャンスでもあります。
お誘い合わせのうえ、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

尚、14時半~3時頃から「Nekoya」によるバンジョーと唄のパフォーマンスもあります。お楽しみに!

駄々猫舎
本屋寄り道
つづら文庫
すみだ
KARIAGE BOOKS
池崎継仁
hakomono laboratory
K&S、books sold
すいーとわたちゃん
古本ピアチェーレ
ルンルン堂
たちばなははのはこ
画伯函
ならまち通信社
ブックスこたろう

ぼちぼち堂
スナバブックス
木の茶の間輪

このはな文庫☆
moderna☆
奈良旅手帖☆
☆主催者管理コーナー



「第5回 大門玉手箱」のおしらせです。
今回は、本邦初?となる「一泊一箱古本市」として開催いたします。
初の試みですので、至らぬ点が多々あると思います。
ご指摘、またご教示、いろいろとご意見を聞きながら、
楽しいイベントになるよう、スタッフ一同努力いたします。

では、イベントの概要をお伝えしていきます。
情況により、いろいろと変更点が出てくるかと思います。
ご参加の際は、最新情報をご確認くださいませ。

*** イベントの趣旨 ***
一つ、 普段の「一箱古本市」と同じく、「本が好き」を合言葉に多種多様な人達が交流できる空間にすること。
一つ、 大人も子供も、地元の人も、旅人も、ネコもしゃくしも・・・楽しめること。
一つ、 少し遅い時間にも、他のイベント見たあとでも、観光の後でも楽しめる、「夜まで古本市」。
一つ、 初めまして奈良の人、奈良が大好きなひと、奈良に住むひとが楽しめる空間にすること。
一つ、 「やっぱり本が好き」「本にちょっと興味がある」「これから読んでみたい」人達に!!
一つ、 「本の夜噺」で、本について楽しい話をみんなでしましょう・・・・ということ。
一つ、 泊まった人は、朝の奈良散歩、楽しんでくださいね。


*** タイムテーブル ***
ふるほん市: 2010年12月4日(土) 12:00 ~ 19:00 くらい

夕食 18:30 ~ 20:00 申し込んでいただいた方のみ。
夜噺 20:00 ~ 話し疲れるまで(笑) 普通は2時間くらい?
お風呂は近所の銭湯へどうぞ 25:00 まで
朝食 7:00 ~   早起きは三文の徳。 お散歩へGO!
チェックアウト 10:00 ころまでに。



*** 会場 ***
「ゲストハウス ならまち」

*** 料金 ***
出店料: 一箱          ¥500
宿泊 (お一人様)        ¥2500
夕食                ¥1500
「本の夜噺」参加費
(お一人様・ワンドリンク)    ¥500
朝食                 ¥500

宿泊は、ドミトリー料金です。
異なるタイプのお部屋希望のかたは、ご相談ください。
(ご希望にそえない場合があります。)


*** ちょっとしたルール ***
・ 1箱500円 常識の範囲内で、何箱でもOK。
・ 中身を入れて大人一人で持てる箱を一箱とカウント
・ セレクト古本は必須。
・ 古本一箱あれば、食品、衣類、雑貨、自著本など「手づくり品」も可。
・ 箱主さんは基本的に会場に来て管理をして下さる方。
・ 個人的に委託できる方は、OKです。(委託交渉成立後にお申し込みください。)
・ 出箱のみの参加も大歓迎です。
・ 遅出店、早仕舞い、ともにOK。
・ ショップカード、POP、イベントフライヤー、名刺などたくさんお持ちください。
・ 差し入れ大歓迎です。(飲食物持込可)
・ アルコール類は、各自ご持参ください。


参加にあたり、教えていただきたいこと:
箱名(あれば)/箱主名/箱特徴/予定箱数/
箱事前送付有無/本名と連絡先/
申し込み内容:夕食・イベント・宿泊・朝食の「要、不要」。

上記を11月15日PM9時までにいただければ、玉手箱チラシでの個別紹介をします。
(期日内参加表明でもチラシ掲載不要の場合はお申し出下さい)


お申込み・問い合わせは

daibutsu128302nara8114☆gmail.com
(☆を@に変えて送信ください)


*****「大門玉手箱のしんぶん」 2010.10.30号より*****

転害門前「大門市場」から旅立った「大門玉手箱」は、
小さな旅をつづけています。
この秋は、「初宮神社」に場所を借りることになりました。
そして初冬、また新たな試みを展開します。
名づけて、「一泊一箱古本市 IN なら座」(第5回「大門玉手箱」)。
「ゲストハウスならまち」を借り切って、一夜の古本市を開きます。
お昼からはじまる古本市を夜まで楽しんでもらい、
夕食の後は「本の夜噺」を心ゆくまで楽しんでいただきます。
そのまま泊まってもよし、余韻を楽しみながら奈良の夜道を帰ってもよし。

お気に入りの古本たちを、奈良で販売してみませんか?
「一泊一箱主さん」を募集いたします。
一度奈良に遊びに来てみたかったかた、いらっしゃいませんか?
この「一泊一箱古本市」が開催されるころ、
奈良はひっそり静かになっていることでしょう。
秋のかけらも街のあちこちに残っているはず。
朝の散歩の気持ちのよさを、
是非この機会に楽しんでいただきたいと思います。

遠くから、小さな夢の「小箱」がたくさん集まってくるのを、
楽しみに待っています。
詳しくは、ブログ「大門玉手箱の・・・箱」をご覧ください。


「大門玉手箱のしんぶん」
裏面は「奈良活字乃迷子圖」になっています。
奈良の「ブックマップ」です。
[PR]
by tamatebako-box | 2010-10-31 22:08 | 開催告知 | Comments(7)

第4回大門玉手箱 開催御礼

朝、準備のため、初宮神社の小さい門の鍵を開けて入り、内側からえいやっと大きな門の閂(かんぬき)を開けました。
すると、ちりんちりんちりんという音が…。
大きな門には5枚ほどの硬貨(5円玉が多かった)が乗せられていたのです。
普段は門が閉じられており、賽銭箱まで近づくことが出来ません。
それなのに、それだからこそのお賽銭でした。
眼を皿のようにして拾い集め、賽銭箱に入れさせていただきました。

こんな風にしてはじまった、大門玉手箱。
今までホームにしていた大門市場も今はなく、
初めての初宮神社での開催。
主催サイドの出たとこ勝負具合に台風襲来予想が加わって、どうなることやらでしたが、
箱主皆様の寛容な心と、
素敵なお客様がたの好奇心が
初宮さまの神様たちに見守られながら
色々な素晴らしいご縁を今回も生み出したようです。

本当にありがとうございました。

次回以降もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by tamatebako-box | 2010-10-30 23:59 | 開催御礼 | Comments(6)

大門玉手箱いよいよ今月最終土曜日開催!

a0126701_7395726.jpg



ぞくぞく、出箱(=出店)者も増えています。
秋ど真ん中の一日、ふらりと遊びにいらしてくださいませ。

箱主ならびに主催者一同、心からお待ちしております。
[PR]
by tamatebako-box | 2010-10-12 07:42 | 開催告知 | Comments(2)