ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第6回大門玉手箱 箱主決定


OURS(ウース)の玉手箱/古本と樹脂で作った雑貨やアクセサリー ◆
K&S,books sold/文学書中心 ◇
羊の本棚/モノに関する本 new
ルンルン堂/100円・300円均一 ◇
おやつサーカス/古本と焼菓子 new
タマヨシコ/古本と手作り帽子とお菓子 ◆
星一平/古本と針がね動物園 ◆
蜜月/古本と雑誌蜜月 ◆
香豆舎/珈琲と本 ◆
さだぱん/古本とパン ◆
books ゆまにて/古本と詩集 ◆
moderna/古本 ◇
tenten/古本&雑誌と手作り雑貨 new
藍寧舎/古本とイロイロ new

テント
ぼちぼち堂/旅するふるほん ◇
木の茶の間 輪(りん)/おすすめ文庫と天然木製品 ◇
すいーとわたちゃん/古本と甘いもの ◇

◇ 第5回参加
◆ 第1回~第4回の中で、いずれかに参加
new はじめて

前・元・新 入り乱れての第6回玉手箱。
どうぞお楽しみに。
[PR]
by tamatebako-box | 2010-12-19 00:15 | 開催告知 | Comments(0)

第6回大門玉手箱 開催します

第6回大門玉手箱 出店予定箱数が満箱となりましたので、
今回の募集は終了させていただきます。

2011年は間隔を詰めて、次々と玉手箱を繰り出したいと思っております。
第7回以降もどうぞよろしくお願いいたします。

※出箱要領は引き続き掲載させていただいておきます。
会場などの都合により、多少変更はあるかもしれませんが、
基本的にこんな感じでやっているということをご理解いただきたいためです。




おかげさまで大好評をいただきました、
第5回大門玉手箱INなら座(一泊一箱古本市) は町屋ゲストハウスならまちを会場に無事終了いたしました。
本当にありがとうございました。

さて、次回はまた私たち翼果舎のホームタウンともいうべき、
奈良きたまちに戻ってまいります。

出箱(=出店)要領をご案内申し上げます。

----------------------------------------------------

第6回大門玉手箱@初宮神社(一箱ふるほん+α市)

開催日:2011年1月30日(日) 荒天のみ中止

時間:11:00頃~16:00頃

会場:初宮神社(奈良市鍋屋町/奈良女子大正門斜め前)参集所。
   
    近鉄奈良駅から北の方へ商店街を抜けて徒歩約5分。
    近隣のコインパーキングを利用していただくことになります。
    積み下ろしは会場入り口にて可能です。

参加費:1箱目500円(うち、200円を神社修繕基金としてお預かりいたします)。
      2箱目は300円。
    (中身を入れて大人一人で持てる箱を一箱とカウント)

注)申込締切:12月21日(火)22:00

箱中身:セレクトした古本。←必須
     自著あるいは編集作品でしたら、新刊本の販売も歓迎です。
     手作り品(衣料品・雑貨・食品)も歓迎いたします。


☆大切なお知らせ☆

今回はテントの募集はありません。
(主催者系テントは出ますが、ご了承ください)。

会場の大きさの制約もありますので、1人につき2箱までとさせていただきます。

延べ15箱となった時点で募集完了させていただきます。
また、その時点でこのブログやツイッターなどでも発表します。



☆ちょっとしたお知らせ☆

・ 中身を入れて大人一人で持てる箱(入れ物)を一箱とカウント。
・ 箱(入れ物)はトランクでも籠などでも大丈夫。
・ 箱主さんは基本的に会場に来て管理をして下さる方。
・ 個人的にどなたかに委託できる方は、OKです。
  (委託交渉成立後にお申し込みください。その旨もお知らせください)
・ 遅出店、早仕舞い、ともにOK(事前にわかっている場合はお知らせください)。
・ ショップカード、POP、イベントフライヤー、名刺などたくさんお持ちください。
・ 荷物は当日午前着や時間指定で送っていただくことも出来ます。
・ 電源があるので食品の温めやポットの湯沸かしは可能ですが、
  ガスなどの直火調理は出来ません。
・ 水道はございません。


☆参加にあたり、教えていただきたいこと☆

◎箱名
◎箱主名/本名
◎箱内容・特徴
◎予定箱数(当日現地で改めて事務局が箱数カウントさせていただきます)
◎箱事前送付の有無
◎住所/会場までの交通機関(車?電車?徒歩?)
◎連絡先アドレス(PC・携帯メールアドレス)
◎電話番号(出来れば当日も連絡取りやすい番号で)





お問い合わせは

daibutsu128302nara8114☆gmail.com
(☆を@に変えてご送信ください)
[PR]
by tamatebako-box | 2010-12-08 13:14 | 募集告知 | Comments(0)

第5回大門玉手箱INなら座(一泊一箱古本市) 開催御礼

「泊まり込みで一箱古本市をやろう!」という無謀とも思える試みは
好評(と言ってしまう)のうちに無事終了することが出来ました。

沢山の素敵なホンやモノを箱に詰めてきて下さった箱主のみなさま。
快く会場に使わせてくださった、町屋ゲストハウスならまち様。
そしてなにより、ならまちのはずれまで足を運んでくださったお客様たち。
また、素晴らしい手作り楽器と唄のパフォーマンスで楽しませてくださった、Nekoya様。
ご協力くださいました、田舎・出張料理うと・うと様や鯛焼こたろう様(アンコ部門・パン部門)
ほんとうにありがとうございました。

昨日は「一泊一箱古本市」ですので、いつもより遅くまで店開きをしていました。
そのせいでしょうか、お勤め帰りに立ち寄ってくださったり…と、いつもと違う嬉しさもありました。
会場の扉が開くと、お客様と夜気が一緒に入って来る感覚がとても新鮮でした。

もちろん、いつものように本を介しての数々の素敵な出会いも沢山あり、
その場に立ち会える喜びを味あわせていただきました。

今回は、京都や神戸、愛媛に長野に東京…とさまざまな場所から
参加して下さった箱主さまも多く、
他地域の「一箱古本市」情報を教えていただき、とても勉強になりました。

つたなくあまり進歩の見られない主催者ですが、
それでも少しでも良いものにすべく、工夫を重ねる努力は怠らずにいようと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたます。

大番頭は地元奈良在住ではありますが、
今回はじめて奈良のゲストハウスに泊まらせていただきました。
ドミトリーの快適なことといったら。
ベッド毎の独立性に気を配っておられるし、
寝具も具合のよいこと!
睡眠時間は足りないのに幸せな朝を迎えることができました。

夜、時間を忘れて、おしゃべりに興じる楽しさは
「修学旅行」のワクワクを思い出しました。
帰る心配のない夜遊びは幸せそのものでした。

いつかまた、第x回大門玉手箱INなら座(第2回一泊一箱古本市)を
開催したいと決意しております!
その時は遠い方も近い方も是非ともどうぞよろしくお願いいたします。

by 大番頭
[PR]
by tamatebako-box | 2010-12-05 22:01 | 開催御礼 | Comments(0)