ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

第1回「大門玉手箱」無事終了

みなさま、本当にありがとうございました。

どうなることかと思ったし思わせたこの催し。
どうにかこうにか…というより、存外スムースにスマートに
そしてゆるく楽しい時間を過ごすことが出来ました(と思っております)。

箱主の皆様、
市場の関係者の方々、
わざわざ来て下さった皆様、
通りすがりに立ち寄って下さった皆様。

心から感謝しております。

次回は12月12日の予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-09-01 06:02 | 大門玉手箱って? | Comments(2)

「大門玉手箱」

「大門玉手箱」

奈良でも「一箱古本市」を・・・というさりげない一言からはじまりましたこの企画。
準備不足の感は否めませんが、やってみたいと思っています。

一箱古本市というのは、2005年から東京の谷中・根津・千駄木でスタートした
「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にさせていただきました。

いまでは、各地で開催されるようになっているようです。
奈良の一箱市は、規模は大きくありませんが、
のんびりゆったり愉しんでいただければと思っています。




箱主さんとして、またお客さんとして、
たくさんの方に来ていただければとおもいます。

本だけではないのが、「玉手箱」のいいところ・・・でしょうか?
ご相談がありましたら、「ぼちぼち堂」まで。

「ぼちぼち堂」下村 信人
090-1893-6261


*************
日時: 2009年8月29日(土)・30日(日)
    10:00~17:00頃まで。 


箱主さんの参加費: 500円 (会場費に充当します)

「箱」は事前に「大門市場」宛てにお送りいただくこともできます。

*************


 
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-30 16:14 | 大門玉手箱って? | Comments(0)

★フランス菓子のle petit cafe(プティカフェ)★

29日(日)の1日だけ参加させて頂く、プティカフェです♪

フランス菓子と紅茶の当店は、高の原(押熊)界隈の小高い丘の上の、小さな商店街(丘の小道商店街といいます)にあります。

ぼちぼち堂さんには、今年3月に、ふるほん販売のイベントをこちらでして頂きましたが、「欲しい本ばっかり~!」と感嘆の声が多かったのが、とても印象に残っています。第2弾も!と、楽しみにタイミングを待つ今日この頃です。

この、とてもおもしろそうな“古本市”の話をお聞きして、どんな本をどんな人が持って来られるのか自分達が興味津津なので、箱主として参加させて頂くことにしました。そして、プティカフェは、本を選びながらつまんでもらえるような焼菓子(+マカロン)と、天然果汁のソーダを箱に詰めて、当日大門市場に向かいます♪
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-26 19:07 | 箱主登場 | Comments(1)

市場のようす

昨日、市場に顔を出してきました。

「大門玉手箱」で使わせてもらう、荒物屋さんの跡区画をきれいに掃除して下さってました。

何かの台になればと、日本酒ケース数箱を洗って置いて下さっています。

「届いた荷物はここに置いてもらうねん」と薬屋さんも心待ちにしている様子…。


みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

りんまる

a0126701_8103100.jpg

[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-26 08:09 | ありし日の大門市場 | Comments(0)

小さなホテル奈良倶楽部**

++自己紹介

初めまして!
大門市場から徒歩数分のところ、北御門町にて小さな宿屋を営んでおります「奈良倶楽部」と申します。
自己紹介が大変遅くなりましたが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

++参加のいきさつ

学生時代の文化祭以来、大人になってからは初めてのイベント参加です。
今まで、みんなで何かするということに、ほとんど参加したことがなかった私が
めずらしく早い時期に手を挙げたのは、会場が大門市場だったことが大きな理由です。
ここに住んで20年。大門市場がどんどん衰退していく様子を目にしているので
何かこういうことで少しでも人が集まってくれればいいな・・・と思っての参加表明でした。

++箱の内容

奈良倶楽部には小さな図書室があります。
置いている本は、「奈良に関するもの」や
「旅先の一晩で読みやすいもの」という視点でセレクトしています。
それ以外には小説好きの私達が読み終えた本・・・でしょうか。
で、この小説なのですが。
時代のベストセラーとか人気作家の著作とか
本にも鮮度というものがあるなぁとつくづく思うのです。
(それだけ古典として生き残れなかった内容だったといえばそれまでですが)
今回は、自分の中で不要になった本達を旅立たせてみようと思ってます。
ワインの木箱に2箱(約60冊)+雑誌などを持っていきますね。
でもきっともっとたくさんの本を買い込んでしまいそう。

++奈良倶楽部ユニットについて

イベント初参加ということで、緊張できっと2日も身体が持たないような気がして
とりあえずは初日の29日(土曜日)だけの参加を考えています。
もし波に乗れたら日曜日も座っているかもしれませんが・・・。
(こんなゆるゆる参加ですがご容赦くださいませ。)
そして一人ではちょっと恥ずかしかったりもして(何に? 笑)
本好きの友人達と3人で「奈良倶楽部ユニット」として参加します。
他の二人の持ってこられる本の内容は当日のお楽しみとしています。

ではみなさま、どうぞよろしくお願いいたします♫
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-22 17:20 | 箱主登場 | Comments(0)