ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

手を挙げて下さった「箱主」さん

「木の茶の間 輪(りん)」さん
「読未知」さん
「ぼちぼち堂」

小さなホテル「奈良倶楽部」さん
「すながわ」さん
「地球小屋tipi」さん
貸本喫茶「ちょうちょぼっこ」さん(箱だけ参加)
「カフェリノワ」さん
「プティカフェ」さん(お菓子)
「徒然舎」さん
「ひねもす」さん
「このはな文庫」さん(箱だけ参加)

たくさんの方が手を挙げてくださいました。ありがとうございます。
まだまだ募集を続けていきたいので、お友達にご紹介くさいませ!
後ほどご連絡しますので、自己紹介をお願いしますね!


もしお聞きしていて漏れている方がいらっいましたら、
「ぼちぼち堂」にお叱りコメントくださいませ。


「ぼちぼち堂」でした。
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-07-14 21:57 | 大門玉手箱って? | Comments(13)

突然アンケート!

ぼちぼち堂です。

すっかり御無沙汰しております。
だんだんと日が近づいているのに、準備がすすんでおりません。
そろそろ本格的に活動を開始したいとおもいます。

読未知さんのほうから、箱主さんも2日間は大変だろうから、
1日にしてはどうかという提案をいただきました。

如何でしょうか?
みなさんの率直なご意見を聞かせてくださいませ。


そうそう、奈良中央卸売市場で
「りんご箱」もらってくれる方募集しているそうです。
詳しいことは、これから調べてみます。
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-07-14 21:48 | 大門玉手箱って? | Comments(5)

こんな顔をしています

a0126701_2040692.jpg

近鉄奈良駅から歩いて、奈良女子大の前を通り抜け、
「らんる」の当たりからこの道にかかる虹型の看板が見えます。

a0126701_20404366.jpg

空の看板の→の通りに曲がって、駐車場を抜けての入口(南口)。
入口を撮影しようと思ったのに、上のネコに気を取られました。

a0126701_2041267.jpg

正面玄関(東口)はこちら。バスも通る「京街道」から見たところ。
この斜め向かいに「転害門」(=おおもん)が…。

a0126701_20415065.jpg

ひっそりとあるのは一条通り側の出入り口(北口)。


なんと3か所も出入り口があるのです。
南口にはキレイなネコがたむろしていることが多いです。
市場の人、買い物の人も心得たもので、ネコたちが入らないよう、
出入り口は都度速やかに閉めるので、入っているのを見たことはありません。

みなさま興味津々の大箱の中はおいおい公開していきます。


by「輪」の丸い方
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-07-05 20:52 | ありし日の大門市場 | Comments(0)

「大門市場」は「おおもんいちば」

【市場建設の発端】
今小路町内会で市場が欲しいと提案があった。
もともとあった家屋(借家7軒)を曳家して土地を確保。
大阪の市場を見学などして建設に着手。
昭和35年7月に完成。
県に申請して「公設大門市場」として営業開始。
開業当時は35店舗で、1店舗標準間口は一間半ずつを所有していた。
東側前面(バス通りに面している方)は木造であとの部分は軽量鉄骨造。

【現状】
大門市場開業当時、市場という形態が流行しはじめ、奈良市内に約20か所の市場が建設された。
現在も市場が残っているのは「大門」「椿井」のみ。
ただし、市場本来のシステムを色濃く維持しているのは「大門」。
とはいえ、現在、市場内で営業している店舗は約12。


…上記は奈良女子大「大門市場活性化プロジェクト」でオーナーから聞き取り調査をされた内容に若干の補足を加えたものです。
(2005年5月24日ヒアリング)
きたまちのまちづくり関連の資料集の中にあったので、引用させていただきました。

「だいもん」ではなく「おおもん」なんですね。
国宝転害門のことを近くに住む人たちは、ざくっと「おおもん」と言っていたそうです。
(とはいえ、実際にそう言っている人をまだ知らないのですが…)

まずは「大門玉手箱」の「大きい箱=市場」についてご紹介させていただきました。
これから「小さい箱=各店舗」についてもちょろちょろ紹介させていただきますね。

by「輪」の丸い方
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-06-16 00:23 | ありし日の大門市場 | Comments(4)

ブックマップ裏記事

「初宮神社」のこと

 初宮さんと呼ばれるお社は足早に急ぐ人たちに気付かれることもなく、ひっそりと建っています。まれに足を止めて目をやる人は、隣の「寺川古道具店」、その隣の「旧鍋屋交番」と懐かしい風景としてひとくくりにして胸に刻んで立ち去ります。更に注意深い人は、社務所の様な建物で、今でも着付けや絵手紙の稽古に使われていることに驚きます。
 そんな初宮さんも昭和の終わり頃までは子どもの声で賑やかでありました。弁天さまのご縁日7月7日には願い事の短冊が笹に吊され、例大祭の10月16日17日には子供会によるみたらし団子やわらび餅のふるまいもありました。
 この前まで子ども達であった私たちは「大門玉手箱」という名前の一箱古本市で、ご縁あってここ初宮さんで賑やかに遊ばせていただくこととなりました。来年以降も、続けて参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。
由緒書きからの一部抜粋です。「若宮おん祭には田楽法師は必ずここへお参りして芸能を奉納、当日の事始めをする古例である。これがため初度の宮とも称す。現在でも祭礼当日ここで田楽を行ふ」。もちろん今でも、おん祭りのお渡りの日の午前中、田楽座ご一行は初宮さんで田楽を奉納されます。前庭で披露される田楽は本当に身近で「私たちのお祭り」と言ってしまいたくなるほどです。
猫が子を産み、イタチが横切り、鹿が緑を食べ散らかす町中のお社。初宮さんでまたお目にかかりましょう。

-------------------------------------------

まちなかで暮らし、遊び、そして働くひと 清水隆史さん


長野市を拠点にフォトグラファー・フリーライターとして活動中。信州大学在学中の1993年、ライブハウス・小劇場「ネオンホール」をスタート。2003年、喫茶・ギャラリー・編集室である「ナノグラフィカ」を4人でスタートさせる。奈良市出身。

  「こんな町の中でも限界集落のようになりつつところもあるんです」と清水さんは淡々と語りはじめました。観光客でにぎわう、長野市の善光寺。1000年以上の歴史を持つこの寺の周辺には、何百年も前から「門前町」が形成され多くの商店や問屋があり、たくさんの人も住んでいました。しかしその後、にぎわいは鉄道の駅を中心とした地域、そしてさらに郊外へと移っていきました。「子どもの声が聞こえなくなったんですよ」単に人が減るだけでなく高齢化も進んでいます。「楽しみながら暮らすことが、町に元気をよみがえらすのではないか、増えた空家に人が移り住んだらもっと活気が出てくるのでは?という思いで『長野・門前暮らしのすすめ』という取り組みをはじめたんです」。
 清水さんたちが手がける「長野・門前暮らしのすすめ」は、様々なイベントやワークショップ、そして空き家の調査などによって賑わいを取り戻そう、暮らす人や訪れる人と一緒に門前町を楽しもうというプロジェクトです。具体的にはお話会、カメラ片手のまちあるき、門前暮らし相談所、門前で行う演劇、冊子・新聞の発行などを中心に、実際にそこで暮らしつつ、住民目線で活動しておられます。
 そんな清水さんが育ったのは奈良・初宮神社のすぐ隣。やんちゃ小僧は神社の境内を庭にして遊びまわっていたのでした。大きな寺社と大学がすぐ傍らにある町、長野そして奈良。「奈良の実家のこれからも気になる…あの家もホント古くていい家なんです」と言いつつ、清水さんはカメラを片手に今日も長野の町で動きまわっているのです。
[PR]
# by tamatebako-box | 2001-10-14 05:52 | 業務連絡 | Comments(0)