ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

まがり事務室(すながわ)です

こんばんは。いまごろのそのそすみません。
今回ご縁あって、尼崎から箱送らせていただく予定のすながわです。

箱は、わたしの文庫本が少しと
夫が、ここ1年で読んだハードカバー少しという感じかと思います。
箱、これから探します。

普段はパートタイムライターをしています。
夫は書店員です。
3年ちょっと前まで、市場のほん近くに住まいしていました。

こんな感じです。よろしくお願いします。
当日、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-21 23:59 | Comments(1)

大門市場の地図

大門市場の場所は、こちら
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-16 10:43 | アクセス | Comments(0)

「箱」の送り先

「箱」を事前に会場へ送られる場合のお願いごとや
ご承知おきいただきたいことナドは以下の通りであります。

□8月27日(木)or28(金)に届くようにして下さい。

□送り先は市場の「催し大臣」の薬屋の「大門ドラッグ」様にして下さい。
「本やし重いんやろ…、持ってきた兄ちゃんに会場まで運んでもろとくわ。
きちんと受け取るけど、どこからとかチェックでけへんけどかまへんよね」by大臣

□届いた箱は手付かずのまま、市場の催し会場に置かれることとなります。

□とはいえ、どなたが送られるかを一応把握しておきたいので、この記事に「送るゾ表明(箱数も)」のコメントを下さい。

□29日(土)初日着の場合は送り先を「大門市場気付ご自分」でお願いします(ないとは思いますが2日目着の場合も)。


こんなところでいいでしょうかぼちぼち堂さま。

これはどうすればもコメントで下さいみなさま。

輪の丸い方でした。

送り先はココをご確認下さい。
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-13 12:24 | 業務連絡 | Comments(4)

ぱなぬふぁ(地球小屋tipi)

自己紹介させていただきます。
「ぱなぬふぁ」と申します。
みなさま、どうぞよろしくお願い致します。

■名前 ぱなぬふぁ

■所属 地球小屋tipi

■自己紹介

はじめまして。 「ぱなぬふぁ」と言います。
奈良で光のアクセサリーをつくってます。
木津川市にある農園に畑を借りていて、
そちらにある農機具小屋(地球小屋tipi)を使って
時々、イベントなどを開催しています。

今回は、主催者のぼちぼち堂さんが、
小屋のイベントに
出店してくださったのがご縁です。
大好きな大門市場を
みなさんと一緒に盛り上げたいという
気持ちで参加させていただきます。

今回は、買ったけど、
何年も読んでない本を中心に出店する予定。

とりあえず、本を旅立たせることで
また新たに読む機会を与えられるのではないかと?
自分でもよくわからない理由で箱に並べてみます。

箱の脇?上?では、
ゆるゆると内職をしていますので
お気軽にお声をおかけください。

たぶん、本を売るよりも、買う方が多くなりそうな気配。

でも、せめて、持って来た時より、
持ち帰る時の量が減っていることを願います。

こんな私ですが、どうぞ、よろしくお願い致します<(_ _)>
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-12 22:21 | 箱主登場 | Comments(1)

このはな文庫

みなさまこんにちは。自己紹介させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

■なまえ
このはな文庫  (運営者 十谷あとり)  

■いきさつ
『インターネットで古本屋さんやろうよ!』(芳賀健治著・大和書房)を読んだのがきっかけで古本屋さんになろうと決心。2005年3月奈良県古物商取得。(でもヘタレなので買い取り経験は未だナシ。)Yahoo!オークションで細々と古本を扱い、時折、神田神保町の「ブック・ダイバー」さんの古本寄航市に参加させていただく。ぼちぼち堂さんとは奈良高畑の「カフェ南果」さんのイベントでご縁をいただきました。
2009年8月、夫の事務所移転に伴い、大阪船場にボタン屋さん「ボタン王子のお店」を開く。その店内に古本スペースを開設。本棚の中身はともかく(汗)、大正14年築のレトロビルを覗きにいらして下さい。

■いどころ
奈良県橿原市在住。「奈良の小さな古本屋」とブログのタイトルをつけたのに、実店舗が大阪市内になってしまいました。どうしましょ。毎週土曜日は大阪のお店にいます。

■ほんだな
文学、絵本、写真、手芸など。これからもっといろんな本を増やしたいです。よく行く古本屋さんは、天地書房さん、智林堂さん。

■りんく
奈良の小さな古本屋 このはな文庫@船場ビルディング
ならリビング」(旧聞ですが……。)
ボタン王子のお店
[PR]
# by tamatebako-box | 2009-08-11 10:46 | 箱主登場 | Comments(1)