ブログトップ

「大門玉手箱…の箱」

tamatehako.exblog.jp

このはな文庫

みなさまこんにちは。自己紹介させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

■なまえ
このはな文庫  (運営者 十谷あとり)  

■いきさつ
『インターネットで古本屋さんやろうよ!』(芳賀健治著・大和書房)を読んだのがきっかけで古本屋さんになろうと決心。2005年3月奈良県古物商取得。(でもヘタレなので買い取り経験は未だナシ。)Yahoo!オークションで細々と古本を扱い、時折、神田神保町の「ブック・ダイバー」さんの古本寄航市に参加させていただく。ぼちぼち堂さんとは奈良高畑の「カフェ南果」さんのイベントでご縁をいただきました。
2009年8月、夫の事務所移転に伴い、大阪船場にボタン屋さん「ボタン王子のお店」を開く。その店内に古本スペースを開設。本棚の中身はともかく(汗)、大正14年築のレトロビルを覗きにいらして下さい。

■いどころ
奈良県橿原市在住。「奈良の小さな古本屋」とブログのタイトルをつけたのに、実店舗が大阪市内になってしまいました。どうしましょ。毎週土曜日は大阪のお店にいます。

■ほんだな
文学、絵本、写真、手芸など。これからもっといろんな本を増やしたいです。よく行く古本屋さんは、天地書房さん、智林堂さん。

■りんく
奈良の小さな古本屋 このはな文庫@船場ビルディング
ならリビング」(旧聞ですが……。)
ボタン王子のお店
[PR]
by tamatebako-box | 2009-08-11 10:46 | 箱主登場 | Comments(1)
Commented by kinochanoma at 2009-08-13 11:42
このはな文庫 十谷あとりさま。
このたびはありがとうございます。
いろいろなご縁が張り巡らされているのを感じる今日この頃。
ご縁という見えないものが、大門市場で目に見える形になるかもしれない…とワクワクしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
輪の丸い方
<< ぱなぬふぁ(地球小屋tipi) 徒然舎 >>